ロスサントス住民の端くれブログ

グランドセフトオート5や、その他ゲームについて色々書いていくブログです。

【モンスト】意地にならなくてもいいじゃないの。

 

 

こんばんは。

 

 

HUNTER×HUNTERコラボが終了して早数日、

 

やはり冨樫先生作品のコラボは手強いものばかりですな。

 

戸愚呂100%中の100%、仙水忍、メルエム・・・、

 

今回はメルエムについての話です。

 

 

f:id:nomonoblog:20171204092140p:image

 

メルエムは、ラックによってアビリティが強化される新しい能力の持ち主で、

 

運極にする事で、100%の力を発揮します。

 

そうなると、否が応でも運極にしなくてはなりません。

 

幸いコラボ中は大盤振る舞い並に降臨し、クリア報酬の宝箱からは必ず一体ドロップしました。

 

初日では弟とまわってすぐにラックが20を超え、

 

私「あれ?これすぐ運極できるんじゃないかい?」

 

と思ったものです。

 

それから先、約一週間、

私だけのソロや、弟のモンストを借りたマルチを含めて30回くらい挑みました(弟は初回降臨以外は基本私とマルチをしたがらないので、ラック上げはほとんど私だけで行なっています)。

 

 結果

 

 

 

一回も勝てませんでした。

 

 

 

なんで?!

どうして勝てないのん?!

初日勝ちまくってたじゃないかーん!?

 

半分パニック状態になりました。

 

対して弟はソロでやると、

 

ほぼ九割勝ってました。

 

 

なぜだ・・・

 

なぜ勝てぬ、

 

f:id:nomonoblog:20171204165349p:image

⬆︎前はこれで勝ったのに・・・

 

様々なメンバーを試しましたが、

どうにも勝てない日々が続き、

 

コラボ終了五日程前に、

 

 

(運極、諦めようかな)

 

 

と思ってしまいました。

 

 

まさに限界でした。

 

勝てにゃい・・・

 

八方塞がりとはまさにこのこと。

 

 

そこで、私はモンスト歴二年少々のプライドを捨てて、

 

私「お、弟よ、君はどうやってメルエムに勝ってるんだい?教えておくれやす」

 

と教えを乞いました。

 

すると、

 

弟「獣神ノブナガ、岩とおし、エクリプス、ニルヴァーナで勝てるよ」

 

と教えられました。

 

実は、私達にはそれぞれメイン機と、モンスト歴が浅いサブ機があり、

 

全員を運極にするとなると、どうしてもメンバーが限られてしまいます。

 

弟はこの四台でも構成出来るメンバーでいつも勝てると言うのです。

 

ただ私は

 

私「ノブナガって、ワープないじゃんか。貫通一人もいないし・・・」

 

と、私の勝利メンバーの考え方が抜けていませんでした。

 

すると、続けて弟は

 

弟「ボスの二本目のゲージまで適当に頑張って、二本目になったらエクリプスか岩とおしのSSを使って突破して、ラストはノブナガと残ったやつのSS使って終わり。

ニルヴァーナはピンチの時にでも使いな」

 

と言いました。

 

 

そんな簡単にいくのかね・・・

 

私は言われた通りのパターンをやってみました。

 

 

すると、あれだけ勝てなかったのがまるで嘘のように勝てるようになりました。

 

30回ほどやって全敗だったのが、

28回くらい勝てるような勝率になったのです。

 (スクショを撮ったつもりだったんですが、忘れていたらしく保存されていませんでした・・・)

 

 

そしてすぐに四台共に運極達成。

 

そのままメルエム以外のキャラも、無事に運極達成出来ました。

 

 

 

いや〜信じられない。

 

まさかこんな簡単にやれるとは思っていなかった。

 

もっと早く聞けば良かったと、後悔しております。

 

 

大なり小なり、なにか壁にぶち当たってしまった時は、

 

一度立ち止まって、他の人からのアドバイスを聞いてみるのも悪くありません。

 

もしかしたらその壁、メチャクチャに大きくても、案外パンチ一発で突き破れるくらい薄い・・・かもしれませんよ。

 

 

これにて終わりです。

 

読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

【龍が如く 極2体験版】黒川フォーエバー【別領域のショック】

 

 

 ※(本ブログの一番最後に、プレイ動画のリンクがあります。

ブログの内容は、バトルやシステム等とは別の領域のどうしようもない感想です)

 

 

 

 

しくしく・・・

 

 

 

 

あっ、

 

こんばんは。

 

ようこそ、当ブログへ。

 

 

・・・うっうっうっ。

 

 

すみません。

 

先日、配信された

 

龍が如く 極2

の体験版を遊んで、

 

ショックな事がありまして・・・。

 

 

説明すると、

 

龍が如く 極2(以下、極2)は、

PS2で発売された龍が如く2のリメイクで、

 

龍が如く6のドラゴンエンジンを基に、

懐かしくも新しい、桐生一馬の闘いが繰り広げられます。

 

 

私は、この龍が如く2がシリーズ初めての作品で、

個人的には思い入れが強い作品です。

 

 

 

なのに・・・

 

リメイクの極2、

 

個人的に大ショックなのは・・・

 

 

黒川さんの、あの独特な

 
f:id:nomonoblog:20171128043037j:image

 

「ちぃがうて!」

「せや」

「ぅうえ〜?」

 

が、聞けなくなった事です!!!

 

あの妙な高め声の黒川さんが、今回ではドスのきいた渋い声に・・・。

 

 

え?

大して問題では無い?

 

 

そんな事はなーーい!!

 

 

おそらく、本家2をプレイした方の

およそ八割は、

私と同じ気持ちに違いない!!

 

今の声も良い(風貌からしてかなりピッタリ)ですが、リメイク前を何周もプレイした私にとって、これはかなりショックです・・・。

 

 

(もう十年くらい前の事なので記憶が曖昧で間違えてるかもしれませんが)

神室町に咲いた花火の事を、黒川さんが桐生チャンに教える時に

 

「ちぃがうて!」

 

言いながら近づいてきた時は思わず爆笑。

 

 

他にもキャバレーに入る為の紹介を得る為に黒川さんに相談したら、

 

 

オーナーとは(遠すぎる)知り合いでっせ。

 

 

と、電話してる所を、

◯ボタン連打で文字送りすると

 

 

「ちがちがううんせやせやちがうてちがうてせやせやうんうん」

 

 

みたいに喋って爆笑。

 

 

 

 

あぁ、良い思い出ばかり。

 

 

名越のアニキ!

今からでも遅くありませんぜ!

 

 

黒川の声を、リメイク前に戻せるオプションを追加してくだせぇ!

 

f:id:nomonoblog:20171128043201j:image

 
f:id:nomonoblog:20171128043333j:image

 記念撮影⬆︎

 

これにて終わりです。

 

読んで頂きありがとうございました!

 

お知らせ

おそらく6をプレイした方々なら心配であろう、バトルを体験版でプレイした動画を、ユーチューブに投稿しております。

参考になれば幸いです。

 

・チャージ攻撃の特徴についてざっくりまとめた動画⬇︎

https://youtu.be/epCRacGsKc8

 

・チャージ攻撃を絡めた、ちょっとした攻撃コンビネーション集動画⬇︎

https://youtu.be/LpjpTLV-3mA

 

・問題だった敵のガードによる弾きを一定時間ほぼ防げる飲み物を発見した動画⬇︎

https://youtu.be/lbn3C7QQHs4

 

・掴みについてまとめた動画⬇︎

(11月30日追記)

https://youtu.be/rUgxbfykTc0

 

 

 

 

【ゲームの音楽】気付けばゲーム音楽を優先してた。

 

 

こんばんは。

 

 

突然で申し訳ありませんが、

本ブログの題名と離れた質問をします。

 

 

 

もし、なにかを抱いたまま、

もしくは囲まれたまま眠るように死ねるなら、

なにを抱いたまま、囲まれたまま死にますか?

 

 

条件として、生き物はNGです。

 

 

愛する家族、愛する恋人、愛するペット、愛する友人、

 

・・・はダメですよ。

 

 

 

私なら無論、ゲームです。

 

 

四歳からテレビゲーム、携帯ゲーム、カードゲーム・・・

と、様々なゲームと共に生きてきました。

 

そんな彼らに感謝しながら死にたいですな。

 

 

 

そうだなぁ・・・理想は、

 

 

まず私のまわり360度全部に今まで遊んだゲームソフトをばらまいて、

 

そのゲームの説明書や、お世話になった攻略本でベッドを作ってそこに横たわり、

 

掛け布団のように今まで遊んだゲーム機とコントローラを体に置いて、

 

全てのゲーム機の電源を入れて、その温かみを一時間程感じ、

 

 

 

最後に全てのゲーム機の電源を

 

「あ〜〜、楽しかった!」

 

と言ってオフにして逝きたいですね。

 

 

 

 

・・・突然死生観に片足突っ込んだ事を書いて申し訳ありませんでした。

 

 

なぜこんな事を書いたかというと、

 

最近ユーチューブで昔遊んだゲームの音楽を探して聴くのがマイブームで、

それらを聴いていると、いくつか

 

「そういえば、この音楽が聴きたくて

このゲーム買ったんだよなぁ」

 

というゲーム音楽が出てきます。

 

この音楽が聴きたかったから、というのはつまり、

そのゲームは持っていなかったけど、

友達の家にあってやらせてもらった際聴いた、もしくはゲームセンターで聴いて家庭用が欲しくなった、

等の理由で買ったゲームという事です。

 

 

私はゲームの面白さは当然ですが、

音楽も同じくらい優先します。

 

ゲーム自体は面白くても、音楽が私的に微妙だと、いくらまわりの人々が

最高のゲームだ!!

と絶賛しても、早く飽きてしまうゲームもあったし、

 

逆にまわりの人々が

これは全然面白くない!!

とか、

えっ?なにそのゲーム。

みたいに、あまり評判や知名度が低いゲームでも、

音楽が私的に刺さるとずっとやってしまうゲームもありました。

 

 

当然、音楽の好みは十人十色様々です。

 

ゲームの好みも然り。

 

ですが、そのゲームの音楽が好きな人は、

その音楽を聴いた時に、

 

あの頃は楽しかった、

 

苦しかった、

 

辛かった、

 

嬉しかった、

 

 

 

と、その頃のゲーム、

その頃の人生を振り返る事が出来ます。

 

つまり、

ゲーム達に囲まれて死ぬということは、

そのゲーム達が奏でてくれた音楽に囲まれて死ねるという事でもあるんじゃないかな、

と思ったのです。

 

 

・・・また死生観に片足突っ込んだ話になってしまいました。

 

 

 

本題に入ります。

 

(私個人の好みしか含まれていませんし、作曲者が誰か、あの楽器がなんたらかんたら等は間違っていたら申し訳ないのと、基本わからないので書きません。ご了承ください・・・)

 

 

 

 

私にとって、音楽が買う決め手、理由となったゲームはなにか。

 

 

最初はなんだったか?

 

は思い出せませんが、例としてすぐ思いつくのは

 

初代プレステの

 

初代「チョロQ」です。

 

 

その頃、友達の家にはチョロQ2があり、毎日遊んでいました(季節レースを全て終わらせないとサイバーというコースが出現せず、完全クリア出来ないと知ったのがそれから数年後だったというのは良い思い出です)。

 

で、

 

そのチョロQ2は、条件を満たすと

初代チョロQのコースを走れる

旧コースというものが出現します。

 

その中の一つ、

 

「初級サーキット」

 

というコースの音楽を聴いて、

子どもだった私の体に電撃が走りました。

 

 

レイアウトはほぼ四角の簡単なコース、

 

名前だって「初級サーキット」と直球、

 

 

 

なのに、

 

なんだこのカッコいい音楽は!!!??

 

 

 

と衝撃でした。

 

 

チョロQ2の旧コースは、敵車がべらぼうに速く、あまり初級ではないのですが、

 

明らかに見た目の難易度は

マリオでいう1面、1の1なんです。

 

フルチューンしたら一周20秒程で走れて、3周するから1分程で終わってしまうというのに、

 

音楽はバリバリのロック、

 

しかも長さは5分弱!

 

 

チョロQという、小さな可愛いオモチャのゲーム・・・

 

なのにめちゃくちゃカッコいい!!

 

 

さらに、旧コースは初級サーキットだけではなく、他にもいくつかあります。

 

 

その中に、初代チョロQ購入を決定付ける音楽が流れるコースがありました。

 

 

それは「ビッグドーム」というコースで、

 

レイアウト、難易度共に旧コースではトップクラスなのですが、

 

 

音楽もトップクラスでした。

 

 

もう私的に最高のレース音楽で、

 

グランツーリスモスポーツ等の最先端レースゲームを、

このビッグドームを聴きながら遊んでも

なんらおかしくはないと思っています。

 

 

楽器や用語に詳しくないので間違いだらけかもしれませんが、

 

エレキギター全開のロックな初級サーキットと違い、

ビッグドームは、イントロは初級サーキットに引けを取らないハードロックですが、

そこから先はどちらかというとキーボード(だとおもうのですが・・・)がメインで、ベースがヘビィなギターサウンドです。

 

広いドーム会場に、難しく、もはや攻撃的なレイアウトのダートコース、巨大なモニターととんでもない数の観客、明るく照らすライト・・・

 

まぁ、観客は初代プレステなのでドットに見えちゃいますが、

最高のシチュエーションと、最高にクールでホットなレース音楽が絡み合い、

 

私に忘れられない感動を与えてくれました。

 

特に音楽が終わる前のほんの20秒程、

 

それまで潜めていた闘志を一気に爆発させるが如く、激しいギターソロが奏でられます。

 

 

 

・・・とにかくお小遣いを貯めて、中古で初代チョロQを買いましたよ。

 

家で、好きなだけビッグドームが聴きたくて!

 

あの熱いサウンドを、自分家のテレビのスピーカーから聴きたくて買いました!

 

 f:id:nomonoblog:20171119190212j:image

↑ ブログ用に棚から引っ張り出して撮影。

当然後に2も購入していました。

 

 

多分これが最初の

音楽が理由で、自分のお小遣いで買ったゲームかもしれません。

 

買ってしばらくした後、CDラジカセでも聴ける

(トラック1にはゲームデータが入っている為、流すと機器が壊れる恐れがあります。ご注意!)

とわかった時は涙が出てたかもしれません。

 

 

もし聴いた事が無いのならば、

一度聴いてみる事をオススメします。

ゲーム自体もお手軽で楽しいレースゲームです。

 

 

 

もっと書きたいですが、今日はここまで。

 

また今度、ゲーム音楽について書こうと思います。

 

 

読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

追記

チョロQ3を先日ブックオフで見つけ、即買い。

今まで借りたりして遊んでいたチョロQ3を、ついに手に入れる事が出来ました。感動。

f:id:nomonoblog:20171119185741j:image

 

 

【モンスト】アルマゲドンから、一夜明けて16体。

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

アルマゲドン、どうでしたか?

 

 

 

 

私ですか?

 

 

 

はっはっはっ

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

えぇ、

負けましたよ?

 

 

 

負けちゃったよ!

 

 

しくしく・・・。

 

 

 

もしあのクエスト、

 

あのままの配置で

なんにも特別ルールが無かったら

ノマクエ並に簡単かもしれないのに、

 

 

 

「味方に一回でもいいから触れないと

ほとんどダメージが通らない」

 

 

というルールが加わるだけで、

 

それはそれは難しいクエストへ早変わり。

 

 

難易度ってアイデア一つで激変するんですな・・・。

 

 

 

 

まぁ、

 

属性効果アップしてるから木属性で行きたいし、

 

鬼のようにブロックがあるから

アンチブロックは必須だし、

 

貫通より反射が良さそうだし・・・。

 

 

 

図鑑で絞り込んでみよう。

 

 

 

 

私「すみませ〜ん」

 

図鑑「はーい。ご注文ですか?」

 

私「えっと、

木属性で、

反射で、

星6で、

アンチブロック持ちの、

進化、神化、獣神化したモンスターをお願いします」

 

図鑑「かしこまりました〜。

少々お待ちくださ〜い」

 

 

 

図鑑「おまたせしました〜」

 

私「はーい。

 

 

 

・・・

 f:id:nomonoblog:20171111150253j:image

 

16体しかいないんですか?」

 

図鑑「はい」

 

私「ちょっ、マジですか?」

 

図鑑「はい」

 

私「その内のオラゴンテレビちゃんと

コッコちゃんと

ヘルブラムくんは

もう手に入らないかも

しれませんよね?」

 

図鑑「そうですね(笑)」

 

 

 

 

意外といないんですな・・・。

 

 

キングは貫通の弱点キラー持ちだから強いかもと思い挑みましたが、私の腕では活かせませんでした。

 

 

 

うーん、

 

 

まだ降臨して1回目だし、

 

次は負けませんぞ。

 

 

待ってろアルマゲドン

 

 f:id:nomonoblog:20171111150317j:image

 

いつかゲットして、

 

ケロンと一緒に出撃してやる!

f:id:nomonoblog:20171111150431j:image

 

 

なぜかって?

 

 

 

えっ、兄弟じゃないの?ふたりは。

すごい似てるじゃないの。

 

 

 

弟「ちがうよ」

 

 

 

 

これにておわりです。

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

・・・あ、そもそもケロン持ってない。

 

 

 

 

 

 

【GTA5】ネタバレ:初期投資高め: 招待ソロ稼ぎ 目標一時間20万$の道

 

 

 ブロロロロロロ・・・


f:id:nomonoblog:20171108014151j:image

 

 ふ〜んふ〜ん♪ 

 

 

 

 

・・・あ、こんばんは。

 

 ようこそ。当ブログにお越し頂きましてありがとうございます。

 

 

 

今回はGTA5の永遠のテーマ、

稼ぎのお話です。

 

 

 

 

招待セッション。

 

「稼ぐ」ことにおいて、招待セッションもなかなか重要だという事は、

ある程度ロスサントスで暮らしている方ならご存知のはず。

 

 

今回は招待セッションでのソロ稼ぎについて書いていきます。

 

 

 

・発想を変えてみる。

 

私は基本ソロで稼ぐので、招待ソロ稼ぎばかりやっています。

 

たまに公開セッションに入って、車両取引をして、また招待ソロに戻るを繰り返しています。

 

車両取引はソロプレイでもお手軽に出来るビジネスで、トップレンジのスペシャリスト売却なら8万$(基本給10万$から改造費2万$を差し引いた額)が無傷配達ならポンっと手に入ります。

 

 

・・・ここで思ったのですが、

 

車両取引による売却は、間髪入れずに何度も出来るわけでは無く、トップレンジスペシャリストなら20分程のインターバルが必要です(違っていたらごめんなさい!)。

 

となると、

 

単純に考えて一時間に4回売却出来、

 

全て無傷配達なら32万$も稼げます。

 

 

 

一時間で32万・・・

 

 

 

日本円なら多分3200万円・・・。

 

 

 

3200万円・・・。

 

 

 

ん?

3200万といえば、

 

 

 

アカギの代わりに治が・・・

 

 

 

 

 

 

話を戻します。

 

 

 

 

 

まぁ、公開セッションなので他プレイヤーさんからの妨害の危険性もありますけどね。

 

 

 

んで、

 

 

 

招待セッションのみならば、他プレイヤーさんからの妨害が無く、気楽に稼げますが、収入は公開セッションも含めた稼ぎには及びません。

 

王道なやり方としては、

 

ボスジョブのトラベラー、

⬇︎

コンタクトミッションの雑談、

⬇︎

ボスジョブのヘッドハンター、

⬇︎

一番最初に戻る。

 

を、一時間こなして

大体20万$行くか行かないかくらいです。

 

 

 

 

先程から何故一時間にこだわるかというと、

 

 

ゲームにおいて、大変素晴らしくも、

おそらく誰も守っていない格言があります。

 

 

 

「ゲームは一日一時間!」

 

 

 

そう、ゲームは一日一時間なのです。

 

 

 

そこで、私は

招待セッションだけのソロ稼ぎを、

 

出来るだけ「早く」ジョブをまわして、

平均の20万$に「早く」到達出来る方法はないかと考えました。

 

 

確かに王道のトラベラースタートマラソンはお手軽で比較的簡単です。

 

ですが、ボスジョブはトラベラーとヘッドハンターだけではなく、様々なものがあります。

 

特に特殊車両ボスジョブは少しだけ割高に稼げます(車両自体が高いですけどね・・・)。

 

 

 

 

 

ということで・・・

 

 

ボスジョブ毎のインターバル等をゆるーく計算して、それをもとにのんびり実践して計2日かけて私の稼ぎパターンが出来ました。

 

 

以下その流れです。

 

・準備するもの

ファントムウェッジ

ウェイストランダー

オプレッサー(あれば便利)

サベージ(あれば便利)

売却可能なレア車

 

・開始場所

マップ右下、南東の工業地帯からスタートする。

このときオプレッサー(または自慢の個人車両)を呼んでおく。

 

 

流れ

1.陸の輸送開始

⬇︎

2.雑談を最速でクリア(以下雑談は最速クリアで)

⬇︎

3.トラベラーをクリア

⬇︎

4.雑談

⬇︎

5.ヘッドハンター

⬇︎

6.トラベラー

⬇︎

7.雑談

⬇︎

8.突進

⬇︎

9.トラベラー

⬇︎

10.雑談

⬇︎

11.陸の輸送

 

(もしどこかでボスジョブのインターバルが残っていたら、その時間以内にレア車を売却する。

売却するタイミングが無かったら最後の陸の輸送後に売却する)

 

 

 

 

 

ぜぇ・・・ぜぇ・・・

 

 

調子良ければ、一時間を切って20万$稼げまっせ・・・。

 

 

 

 

ただ、

 

忙しいっ!!!

 

効率良いかもわからん!!

 

 

 

 

・・・新たなジャンルである

「招待ソロ20万アタック」という楽しみを見出せたので、

 

 

 

満足でごさる。

 

 

 

 

 

これからも改良点・・・というか改良点しかないかもしれませんが、

 

どんどん効率を突き詰めて、招待ソロでも十分稼げるパターンを探求したいと思います。

 

 

 

 

 

 え?

 

特殊車両ジョブ以外変わらない?

 

 

 

 

 

・・・トラベラーとヘッドハンター以外いいボスジョブ無いんだもの(本音)

 

 

 

 

 

これにておわりです。

 

読んでいただきありがとうございました!!

 

 
f:id:nomonoblog:20171108014306j:image

 

 

お知らせ

 

前述の稼ぎパターンを実践した動画をユーチューブに投稿しております。

参考程度にどうぞ。

 https://youtu.be/_7xZXnfzEvc

 

 

 

 

【モンスト】マティーニ姉さんとガレッガは似ている

 

 

こんばんは。

 

 

次のコラボはHUNTER×HUNTERになりましたね。

 

幽遊白書と同じ原作者さんの漫画なので、

手応えありすぎなクエストが来るんじゃないかなと勝手に想像しております。

 

 

 

 

今回は、そんなHUNTER×HUNTERコラボが開始される前に、どうしても攻略したい・・・というより、

安定して勝つパターンを見つけたい、

とある激究極のご紹介です。

 

 

今、新しいガチャ

魔法学園ジュエルズ3が開催されています(11月8日現在)。

 

それに伴い、新たな降臨キャラが追加されました。

 

その中の激究極を担当するキャラは、

こちらのマティーニ少将です。

f:id:nomonoblog:20171108022312p:image

 

 

・・・ぐはぁ!(吐血)

 

かっ、かっちょいい・・・。

 

 

 

進化後がこちら、

f:id:nomonoblog:20171108022519p:image

 

 

 

 

・・・・・・(失神)

 

 

 

 

 

ハッ!?

 

いかんいかん、

 

あやうくあの世に行くところでした。

 

 

もう冗談抜きでカッコいい。

 

今まで私の中では映画版坂本龍馬が一番でしたが、

f:id:nomonoblog:20171108022714p:image

 

越えました。

 

こりゃあ運極待った無しだぜぇ。

 

 

 

弟「神化のほうが強いから神化しなよ」

 f:id:nomonoblog:20171108023106p:image

 

 

 

 

 

・・・聞かなかった事にしよう。

 (神化もカッコいいけどね)

 

 

 

さて、肝心のクエストですが、

 

 

 

 

 

・・・む、難しい。

 

 

 

 

今日まで数えて10回やったかやらなかったかくらいですが、

 

まだ3回しか勝ってません。

 

1回目

f:id:nomonoblog:20171108023410p:image

 

 

2回目(私のサブ)

 f:id:nomonoblog:20171108023613j:image

 

 

3回目

f:id:nomonoblog:20171108023820p:image

 

 

メンバーが定まっていない・・・。

 

 

パンドラの進化は良いとして、

他があまり定まらない・・・。

 

運極にしたいから、なるべく運極を入れたいけど、

 

1回目のキリト夫妻から先は運極を入れると必ず負けてしまっているから、

不貞腐れて入れていない・・・。

 

 

 

うーん、

 

このままでは運極は厳しいですな。

 

 

そもそも、なぜこのクエストは難しいのか?

 

私なりに振り返ってみました。

 

個人的見解が多く、長文な為私の気付かない間違いや勘違いがあるかもしれません。ご了承ください・・・。

 

 

 

 

・攻略の選択肢が多い

 

まずこのクエストは、

重力、壁、ブロックがおおまかなギミックとなっていて、

 

重力はほぼ必須ですが、あとの二つは必須というほどではありません。

 

さらに直接攻撃に倍率がかかり、パワー型が有利です

マティーニ姉さんにはかかっていないようです。友情コンボで普通にゴリゴリ削れます。

 

・・・かかっていないですよ…ね?)。

 

 マティーニ姉さんはスピード爆弾を投げてきます。

それと、ボス2ゲージ目だけレーザーバリアを張っています。

 

 

それらを踏まえて、例として道中の最初を見てみます。メンバーは気にせずに。

f:id:nomonoblog:20171108024825p:image

 

このクエストは、全体通して同じ属性の雑魚同士が蘇生し合います。

星雑魚は小さなスターレーザーを主に撃ち、月と雷様は気弾みたいな何か、

大きい数字は全体の攻撃力アップです。

 

キャラによりますが、

星は大体2〜3回、月と雷様は4〜5回ほど叩けば倒せます。

 

次に、その雑魚を全回復させるドクロビットンがおり、破壊すると回復を阻止できますが、ダメージ壁が一面に張られます。

なお、ビットンはマティーニ姉さんと

後述するドクロ雑魚は回復しません。

 

そしてドクロ雑魚は、倒すと何ターンかスピードアップ床(私は靴床と呼んでいます)を展開させます。

ちなみに大きい数字は白爆発で大ダメージです。

ドクロ雑魚は蘇生されません。

 

 

これらの情報から、一手目のキャラや

プレイヤーによっては打ち方が変わります。

 

・例

一手目がオーディン等のパワー型なら、

 

ドクロビットンを守るカラクリブロックを壁にして打って青雑魚を同時に倒す。

 

または後のキャラのスピードアップを図る為上のドクロ雑魚を倒す。

 

 

もしアンチブロックを持ったキャラなら、ビットンを先に倒してダメージ壁を張られてもいいから雑魚の回復を阻止する

(しかし後のキャラにアンチ壁が無い場合やり辛くなってしまう)。

 

貫通タイプが一手目なら、壁利用のやり方で倒せるかもしれませんが、難しいです。

 

 

 

 

・・・いきなり選択肢が多すぎます。

 

 

一手目が誰か?

 

メンバーにアンチ壁をもったキャラはいるか?

 

リボン等のスピードアップキャラはいるか?

 

ビットンを優先?雑魚を優先?

 

 

それに加えて、マティーニ姉さんが現れるようになると、

 

割と友情コンボが通る姉さんを優先して倒すか?

 

月と雷様の全体攻撃力アップを阻止するために手堅く雑魚処理を優先するか?

 

 

 

 

 

 

・・・

 

・・・・・・

 

あ、頭が・・・

 

 

書いてて泣きそうになります。

 

てか泣いてます。

 

うっ、うっ、うっ・・・。

 

今までも打ち方を迷うクエストは沢山ありましたが、

 

ここまで迷うクエストは、個人的には初めてです。

 

 

 

 

要は、

 

作戦を立てて、

自分に合った攻略パターンを構築するのが

 

勝利への近道だと思います。

 

例えば先程の3回目の勝ちメンバーだと、

 

オーディンの鈍足克服と火力増強を行う為に優先してドクロ雑魚を処理し、

靴床が消える前に全雑魚を倒す。

 

マティーニ姉さんが出たらウリエルとパンドラの友情で削り、オーディン達は友情を発動しながら雑魚処理する

(ここでもドクロ雑魚は最優先)。

 

 

と、こんな感じに

自分が組んだメンバーに「テーマ」を決めておくと良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

・・・あれ?

 

なんか、似たような考えを、最近

このモンスト以外のゲームでもしてるような・・・。

 

 

 

んん〜〜〜・・・

 

 

 

 

あっ!!

 

 

バトルガレッガだ!!

 
f:id:nomonoblog:20171108162342j:image

 (画像はPS4版)

 

 

PS4版を発売日に買って、

未だにノーコンテニュークリア出来ていなくて悔しいガレッガだ!

 

 

バトルガレッガを簡単に説明すると、

 

20年程前に出たシューティングゲームで、

当時から遊んでいたわけではないのですが(というより、行きつけのゲーセンに無かった)、

シューティングが好きな私はガレッガナイトというイベントを拝見して興味を抱き、購入しました。

 

PS4版はM2さんによる移植版です。

これがまた面白いゲームなんですよ。

 

 

ただ・・・難しい!

 

 

全7ステージありますが、1年弱やり込んで、ようやくノーコンテニューでステージ7の最初あたりにいけるようになったくらいで・・・。

 

 

なにが難しいのかというと、このゲームには「ランク」という内部的にゲーム難易度を決めるグラフみたいなものがあります(PS4版では枠外に表示されますが、バトルガレッガのゲーム画面自体には表示されません)。

 

簡潔に言うと、

 

パワーアップする

 

オプションというサブで弾を撃ってくれるアイテムを取る

 

やられずにゲームを進める

 

 

などなど、あらゆるプレイで内部的にゲーム難易度がぐんぐん上昇していき、

敵弾の速さや量、敵の硬さ等がとんでもない事になっていきます

(確かバイオハザード4に同じようなランクシステムがあったような気がします)。

 

 

 

で、

 

この事がどうしてマティーニ姉さんと結び付くのか。

 

それは、ガレッガも同じように

「作戦を立てて、自分に合った攻略パターンを構築する」事が重要なゲームだからです。

 

ガレッガの話に戻しますが、

 

ぐんぐん上昇するランクを落とす方法は、

 

「やられる」

 

以外ありません。

 

 

ガレッガ以外のシューティングゲームにもランクシステムは普通にありますが、

その上がり幅が結構凄い方なので、

 

1UPしたら

逐一わざとやられる、

 

というのが普通に通用します。

 

しかし、1UPするには当然得点を稼がなきゃいけない。

 

しかしボコスカと撃ちまくるとランクがどんどん上昇してしまう。

 

では、あまり倒さずに、あまり撃たずに行こうか!

となると、今度は稼げなくなるので1UPが難しくなります。

 

 

この作戦の他に、そもそもランクの上昇を抑える為に

 

パワーアップするアイテムを取らない、

 

火力アップ出来るオプションアイテムを取らない、

 

取り続けると得点が上昇していき、最後にはひとつ1万点になる勲章アイテムを取らない、

 

等、プレイヤー毎にその作戦は千差万別です。

 

 

 

マティーニ作戦

「パワー型のオーディンだけで固めるか。いや、そうすると壁を張られた時に辛くなる・・・。

では、おりょうで固めるか?

いや、少し火力に難が出る・・・。

リボンをいれるか?

いや、スピード爆弾が怖い・・・。

まてよ?アレをアレして・・・」

 

 

 

バトルガレッガ作戦

「とにかく撃ちまくって稼ぐか?

いや、後々、特にステージ6からかなり辛くなる・・・。

なるべくランクを抑えて、あまり撃たず、アイテムも取らずに行くか?

いや、そもそもの道中が辛くなる・・・。

それとも、コレをコレして・・・」

 

 両方

「うーん、悩む」

 

 

 

 

・・・似てる。

 

 

マティーニ姉さんとガレッガ

 

 

攻略における考えが、似てる・・・!

 

 

 

 

 

弟「いや、似てない」

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・聞かなかった事にしよう。

 

 

 

 

 

これにておわりです。

 

読んでいただきありがとうございました!!

 

 

 

【モンスト】これからの目標は1500個【電撃文庫コラボ】

 

 

こんばんは

 

 

電撃文庫コラボ、いかがでしたか?

 

 

今回のコラボ、幸いにも私は出てくるキャラ全員を知っていました。

 

いやぁ、やっててよかった。

 

 

電撃の格ゲー。

 

 

電撃文庫ファイティングクライマックスという名前の電撃文庫のキャラが集まって闘う格闘ゲームがありまして、

 

一昔やっていた時期があったので、

今回のコラボキャラは全員知っていました。

 

・・・といっても、各原作はまったく知りません・・・。

 

ゲームでは高坂さんが強かった気がする。

 

 

んで、モンストとのコラボ、

 

 

ユメ玉・・・じゃなくてデン玉を集めて集めて集めまくって

f:id:nomonoblog:20171101003035p:image

f:id:nomonoblog:20171101003048p:image

f:id:nomonoblog:20171101003059p:image

 

 

・・・

 

うっうっうっうっう・・・(号泣)

 

 

ラック10でデン玉10個は足りないよ!!

 

せめてラック1でもいいから別のコラボキャラと引き換えさせて!!!

 

 

 

・・・とにかく

 

運極に出来てよかった。

 

 

 

ここまで集めるのに使ったデン玉は、

 

およそ1200個。

 

長かった・・・

 

 マラソンしまくった・・・

 

とらドラのタイガーさんクエスト。

 

道中のおそらくアニメで流れていたのであろう、

 

 

ぱぱぱや♪     ぱぱぱや♪

 

ぱぱぱや♪

 

ぱ〜やっぱや〜♪

 

 

が気に入って、コラボ開始から3日くらいは楽しかった。

 

 

それからはさすがに飽きた・・・。

 

今でもたまに口笛で歌っちゃうけど。

 

 

そしてボス戦、

 

あのロックサウンドは個人的に大好きです。

 

なんというか、全然まったく違うかもしれませんが、

 

アーケードの鉄拳3のレイウーロンステージとポールステージを足して2で割ったような、

 

そんな熱いBGMだったぜい。

 

 

・・・なぜそのふたつが思い浮かんだか、正直私もわかりません。

 

雰囲気が似てるのか・・・な?

 

 

まぁいいや。

 

 

ずっと同じメンバーじゃ飽きるから、色々なキャラを入れ替えたりしながらマラソンのモチベーションを維持していましたが、

 

最終的には半蔵、ブラッドレイ2体、

ベルスターで落ち着きました。

 

 

・・・一回だけ負けたのは秘密です。

 

 

 

・本コラボを通じて思った事

 

 

今回、三体のキャラを運極にするのに、

約1200個以上のデン玉を集めました。

 

つまり、いずれまた開催されるであろうユメ玉システムのイベントでは、

 

排出率の運も考えると、1500個程集まれば、大体運極になるのではないでしょうか?

 

私が知っている限り、これまでのユメ玉イベントでは、

運極に出来る星6キャラは必ず3体でしたし・・・。

 

 

 

1500個・・・。

 

 

 

あくまでも目安ですけど、

 

げんなりしますね。

 

 

まぁとにかく、今回のコラボも楽しかった!

 

ガチャ限ではなく、ユメ玉システムで貰えるのは嬉しい限りでした。

 

降臨の一方通行、シャナの難易度も程よく、楽しく周回、運極に出来ました。

 

ただ、次からラック10でラック1の別キャラと引き換え出来るようにしてください!(懇願)

 

 

 

おわりです。

 

読んで頂きありがとうございました!