ロスサントス住民の端くれブログ

日々の合間にサクッとソロプレイ。まったりゲームを楽しむマイペースなブログでございます。GTAに限らず他のゲームやその他の事についても書いたりします。

【ゲームの音楽】気付けばゲーム音楽を優先してた。

 

 

こんばんは。ロスサントス住民の端くれ、のもの と申します。

 

 

突然で申し訳ありませんが、

本ブログの題名と離れた質問をします。

 

 

 

もし、なにかを抱いたまま、

もしくは囲まれたまま眠るように死ねるなら、

なにを抱いたまま、囲まれたまま死にますか?

 

 

条件として、生き物はNGです。

 

 

愛する家族、愛する恋人、愛するペット、愛する友人、

 

・・・はダメですよ。

 

 

 

私なら無論、ゲームです。

 

 

四歳からテレビゲーム、携帯ゲーム、カードゲーム・・・

と、様々なゲームと共に生きてきました。

 

そんな彼らに感謝しながら死にたいですな。

 

 

 

そうだなぁ・・・理想は、

 

 

まず私のまわり360度全部に今まで遊んだゲームソフトをばらまいて、

 

そのゲームの説明書や、お世話になった攻略本でベッドを作ってそこに横たわり、

 

掛け布団のように今まで遊んだゲーム機とコントローラを体に置いて、

 

全てのゲーム機の電源を入れて、その温かみを一時間程感じ、

 

 

 

最後に全てのゲーム機の電源を

 

「あ〜〜、楽しかった!」

 

と言ってオフにして逝きたいですね。

 

 

 

 

・・・突然死生観に片足突っ込んだ事を書いて申し訳ありませんでした。

 

 

なぜこんな事を書いたかというと、

 

最近ユーチューブで昔遊んだゲームの音楽を探して聴くのがマイブームで、

それらを聴いていると、いくつか

 

「そういえば、この音楽が聴きたくて

このゲーム買ったんだよなぁ」

 

というゲーム音楽が出てきます。

 

この音楽が聴きたかったから、というのはつまり、

そのゲームは持っていなかったけど、

友達の家にあってやらせてもらった際聴いた、もしくはゲームセンターで聴いて家庭用が欲しくなった、

等の理由で買ったゲームという事です。

 

 

私はゲームの面白さは当然ですが、

音楽も同じくらい優先します。

 

ゲーム自体は面白くても、音楽が私的に微妙だと、いくらまわりの人々が

最高のゲームだ!!

と絶賛しても、早く飽きてしまうゲームもあったし、

 

逆にまわりの人々が

これは全然面白くない!!

とか、

えっ?なにそのゲーム。

みたいに、あまり評判や知名度が低いゲームでも、

音楽が私的に刺さるとずっとやってしまうゲームもありました。

 

 

当然、音楽の好みは十人十色様々です。

 

ゲームの好みも然り。

 

ですが、そのゲームの音楽が好きな人は、

その音楽を聴いた時に、

 

あの頃は楽しかった、

 

苦しかった、

 

辛かった、

 

嬉しかった、

 

 

 

と、その頃のゲーム、

その頃の人生を振り返る事が出来ます。

 

つまり、

ゲーム達に囲まれて死ぬということは、

そのゲーム達が奏でてくれた音楽に囲まれて死ねるという事でもあるんじゃないかな、

と思ったのです。

 

 

・・・また死生観に片足突っ込んだ話になってしまいました。

 

 

 

本題に入ります。

 

(私個人の好みしか含まれていませんし、作曲者が誰か、あの楽器がなんたらかんたら等は間違っていたら申し訳ないのと、基本わからないので書きません。ご了承ください・・・)

 

 

 

 

私にとって、音楽が買う決め手、理由となったゲームはなにか。

 

 

最初はなんだったか?

 

は思い出せませんが、例としてすぐ思いつくのは

 

初代プレステの

 

初代「チョロQ」です。

 

 

その頃、友達の家にはチョロQ2があり、毎日遊んでいました(季節レースを全て終わらせないとサイバーというコースが出現せず、完全クリア出来ないと知ったのがそれから数年後だったというのは良い思い出です)。

 

で、

 

そのチョロQ2は、条件を満たすと

初代チョロQのコースを走れる

旧コースというものが出現します。

 

その中の一つ、

 

「初級サーキット」

 

というコースの音楽を聴いて、

子どもだった私の体に電撃が走りました。

 

 

レイアウトはほぼ四角の簡単なコース、

 

名前だって「初級サーキット」と直球、

 

 

 

なのに、

 

なんだこのカッコいい音楽は!!!??

 

 

 

と衝撃でした。

 

 

チョロQ2の旧コースは、敵車がべらぼうに速く、あまり初級ではないのですが、

 

明らかに見た目の難易度は

マリオでいう1面、1の1なんです。

 

フルチューンしたら一周20秒程で走れて、3周するから1分程で終わってしまうというのに、

 

音楽はバリバリのロック、

 

しかも長さは5分弱!

 

 

チョロQという、小さな可愛いオモチャのゲーム・・・

 

なのにめちゃくちゃカッコいい!!

 

 

さらに、旧コースは初級サーキットだけではなく、他にもいくつかあります。

 

 

その中に、初代チョロQ購入を決定付ける音楽が流れるコースがありました。

 

 

それは「ビッグドーム」というコースで、

 

レイアウト、難易度共に旧コースではトップクラスなのですが、

 

 

音楽もトップクラスでした。

 

 

もう私的に最高のレース音楽で、

 

グランツーリスモスポーツ等の最先端レースゲームを、

このビッグドームを聴きながら遊んでも

なんらおかしくはないと思っています。

 

 

楽器や用語に詳しくないので間違いだらけかもしれませんが、

 

エレキギター全開のロックな初級サーキットと違い、

ビッグドームは、イントロは初級サーキットに引けを取らないハードロックですが、

そこから先はどちらかというとキーボード(だとおもうのですが・・・)がメインで、ベースがヘビィなギターサウンドです。

 

広いドーム会場に、難しく、もはや攻撃的なレイアウトのダートコース、巨大なモニターととんでもない数の観客、明るく照らすライト・・・

 

まぁ、観客は初代プレステなのでドットに見えちゃいますが、

最高のシチュエーションと、最高にクールでホットなレース音楽が絡み合い、

 

私に忘れられない感動を与えてくれました。

 

特に音楽が終わる前のほんの20秒程、

 

それまで潜めていた闘志を一気に爆発させるが如く、激しいギターソロが奏でられます。

 

 

 

・・・とにかくお小遣いを貯めて、中古で初代チョロQを買いましたよ。

 

家で、好きなだけビッグドームが聴きたくて!

 

あの熱いサウンドを、自分家のテレビのスピーカーから聴きたくて買いました!

 

 f:id:nomonoblog:20171119190212j:image

↑ ブログ用に棚から引っ張り出して撮影。

当然後に2も購入していました。

 

 

多分これが最初の

音楽が理由で、自分のお小遣いで買ったゲームかもしれません。

 

買ってしばらくした後、CDラジカセでも聴ける

(トラック1にはゲームデータが入っている為、流すと機器が壊れる恐れがあります。ご注意!)

とわかった時は涙が出てたかもしれません。

 

 

もし聴いた事が無いのならば、

一度聴いてみる事をオススメします。

ゲーム自体もお手軽で楽しいレースゲームです。

 

 

 

もっと書きたいですが、今日はここまで。

 

また今度、ゲーム音楽について書こうと思います。

 

 

読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

追記

チョロQ3を先日ブックオフで見つけ、即買い。

今まで借りたりして遊んでいたチョロQ3を、ついに手に入れる事が出来ました。感動。

f:id:nomonoblog:20171119185741j:image