ロスサントス住民の端くれブログ

日々の合間にサクッとソロプレイ。まったりゲームを楽しむマイペースなブログでございます。GTAに限らず他のゲームやその他の事についても書いたりします。

23.【GTA5】タイムトライアルについて語りたい

 

 

暑中お見舞い申し上げます。ロスサントス住民の端くれ のもの といいます。

 

大変暑い日が続いており、ロスサントスも先日ナイトライフアップデートが配信され、色々な意味で熱い日が続いております。

現実でもゲームでも、こまめに水分補給を忘れずに。あ、塩分も大事ですよ。

f:id:nomonoblog:20180729060026j:image

ということで、今回はタイムトライアルについてのお話です。

 

・タイムトライアルの是非

ロスサントスで日々をお過ごしの皆様は、一週間毎に更新されるタイムトライアルをご存知でしょうか。紫のマーカーのアレです。

f:id:nomonoblog:20180729061620j:image

まだ一度もチャレンジした事がない方に流れを説明致しますと、

1.紫のマーカーに陸上の乗り物で入る。

2.方向キーの右を押すと、マップに目的地が表示されてスタート。場所はタイムトライアルによって様々。

3.目標タイム以内(これもトライアルによって様々)に目的地にある黄色のマーカーに入れればクリア。報酬として初クリア時のみ50000ドル程獲得!

となります。

注意点として、一度クリアしたトライアルは以降クリアしても1000ドル程しか獲得出来ません。ですがトライアルが更新され、そのトライアルをクリアすればまた一度だけ報酬が手に入り、更新され続けて一周しまた同じトライアルをクリアしても一度だけ報酬が獲得できます。簡単に言うと、クリアできれば一週間に一度だけ大金が手に入るというわけです。

 

 

・・・そう、一週間に一度だけなのです。それもゲーム内の一週間ではなく現実の。

 

たしかにトライアルによっては一分を切れるものもあり、たったそれだけの時間で50000ドルも手に入るなら、これ以上の稼ぎはありません。

 

・・・しかし、一度だけなのです。

 

そして、タイムトライアルは、全体的に難易度が高いです。

さらにフリーモード中にプレイするので、一般車が当たり前に走っています(トライアル自体は公開セッションでなくても出来るので、ボススキルやプレジデントのバイク管理を活用するために招待かフレンドセッションをオススメします)。

大金の為に飛ばすぜぇえ!!

と息巻いて曲がったら一般車と正面衝突なんて日常茶飯事です。一分で大金どころか一時間で無報酬なんてのもザラです。

 

・・・正直、割に合いません。

 

いや、正確には、割に合わないトライアルがある、と言ったほうが正しいかもしれません。

そこで、ここからは私の独断と体感と思い込みと偏見で、タイムトライアルに挑む際の心得等を書いていきます。かなり雑ですので、ご了承下さいませ。また、アップデート等で状況が変わる場合もあるかもしれません。長文なので間違いがありましたらごめんなさい・・・。

 

 

・オススメの乗り物

ティー801一択と言いたいですが、オフロード用のサンチェスもあればグッドです。バティー801RRというのもありますが、そんなに性能差は無いと思います。

f:id:nomonoblog:20180729060333j:image

f:id:nomonoblog:20180729060345j:image

いつ見てもカッコイイバティー様とサンチェス様。彼らだけあれば大体クリア出来ると思います。オススメする理由と致しましては、

クリアに近づくためのカスタマイズ費用はかかるがバイクそのものの元手が安い(バティーが15000ドル、サンチェスが8000ドル、サンチェスオリジナルなら7000ドル。サンチェスのふたつも性能差は無いかな?)、

両方ともウイリーが可能なので速度アップが出来る、

ティーはオフロードも意外とこなせる。サンチェスはオンロードメインではバティーより速くはないが、オフロードメインのコースならバティーよりは走りやすい、

からです。

もしお財布に余裕があれば直線の鬼ハクチョウドラッグや、平らな道ならほぼ無敵・・・というより反則的なジェットエンジン付きの車ヴィジランテも使えます。

しかしこれらは特化型と言うべき乗り物で、汎用性の高さは先の二台には及びません。お高いし。

また、これらとは別にショータローというバイクも選択肢のひとつとしてアリです。感覚的にはバティーの乗りやすさとハクチョウドラッグの速さを足して割ったようなハイスペックバイクです。ウイリーは出来ませんが前屈み姿勢で安定して速度アップを見込めます。ですがショータローは(今もなのかはわかりませんが)デッドラインをプレイした事がないと購入出来ず、さらに例に漏れず値段が高いです。オフロードもバティーよりかは苦手です。これらを踏まえると、お手軽さではバティーとサンチェスの二台が上です。

しかし、バイクには弱点もあります。その一つは「転んだ状況によっては復帰不可になる」事です。トライアル中は△ボタンを長押しすればスタート地点の近くで復帰出来ますが、乗り物から降りると20秒以内に再度乗り直さないと強制的に失敗となり、その間長押しの復帰も出来ません。

つまり、

「うおおおお!!アクセル全開!フルスロットルだぁあ!!」

⬇︎

キィィイ!

ガッシャーン!

⬇︎

「ぎゃあああ!バ、バイクが、はるか彼方に飛んでいってしまった!!」

⬇︎

時間切れ

⬇︎

失敗です

 

という事が頻繁に起きます。特に山の中でクラッシュすると確率がアップします。ご注意を。

車ならこういう事は起きづらいですが、車もまた全体的に特化型(車によっては最高速が鬼のように速いのでバイクより有利に走れる場合がある)なのであまりオススメはしませぬ。

もうひとつは「スタート地点が高台からのトライアルでは出鼻をくじかれやすい」事です。

立体駐車場の上からスタートするトライアルでは、降りた衝撃でクラッシュするという、あんまりな状況になりやすいです。個人的に後輪から落ちるとクラッシュしにくいと思いますが、それでもしやすい事に変わりはないです。

さらにこの哀しいクラッシュ後は、リスタートすると立体駐車場の上ではなく、下に復帰してしまいまた登らなくてはならない、というこれまたあんまりな嫌がらせが待っています。

ただ、この手のトライアルは速い車ならクリアが少ししやすいので車で挑むというのも手です。高台スタートのグレートオーシャン高速道路ではX80でクリアしたことがあります。

(※注 この哀しき嫌がらせはもしかしたら今回のナイトライフアップデートで改善されているかもしれません。ですが高台スタートだったロスサントス国際空港は逃してしまったので、同じく高台スタートのトライアルが来たらなるべく確認致します)

 

・クリアしやすいようにパワーカスタムを怠らない

トライアルによってはCEO版のサンチェスでもクリア出来るのもありますが、全体的に目標タイムは厳しめなのでエンジンやターボ等の速度性能に直結するカスタムは出来るだけ施しましょう。

 

・バイクならばとにかくウイリーする。

絶妙なライン取り、芸術的なブレーキング、アグレッシブな立ち上がり・・・だけではクリア出来ないトライアルがほとんどです。バイクはウイリーすると最高速度がアップするので、直線ではとにかくウイリー、高速コーナーではライン取りより直線的にカクッカクッと曲がるようにウイリー、下り坂でもウイリー、オフロードでもウイリー・・・

と、出来る限りウイリーする事が重要です。ですが、低速コーナーや段差などのギャップが激しい道では逆に危険です。あらぬ所に飛んでいきます。

ルート68や、マップの末端から末端まで突っ走るエンド・トゥ・エンド等はウイリーの恩恵を受けやすいトライアルといえるでしょう。

f:id:nomonoblog:20180729060527j:image

 

・ゴールまではどこを走ってもよい

タイムトライアルは「とにかく目標タイムまでに目的地に到着する事が目的」なので様々な走行ルートがあります。ユーチューブなどの動画サイトで色々な方のクリア動画を見ると参考になりますし、

「なぬ!?こんなルートがあったとは!」

という発見もあったりして楽しいですよ。

 

・難しいと思うトライアルは挑まない

再度同じ事を言って恐縮ですが、タイムトライアルは難しいものが大半なので、一時間挑み続けて結局クリア出来ない事もありえます。特に山に関連するトライアルは難易度が高い傾向にあります。

「あぁ、なんて無駄な時間を過ごしたんだろう。こんなに時間があればもっと別な事で稼げたのに・・・しくしく」

なんて後悔するなら、いっそ挑まない方が健康的です。しかし難しくてもクリアを目指したいなら、ボスジョブのインターバルの間や、ビジネスの待ち時間の間に挑むと良いかもしれません。本記事の下に私の主観でありますが、難易度別にタイムトライアルを分けてまとめてみましたので、もし良かったら参考にしてみてください。

 

・タイムトライアルで稼ごうと思わない

上記に関連した事ですが、一週間に一度しかまとまった大金を得られないタイムトライアルなので、メインの収入源とするのはさすがに非効率です。ロスサントスには様々な稼ぎ方がありますので、タイムトライアルは一週間に一度きりのボーナスと考えましょう。難しくて諦めても、ロスサントスにはお金を稼ぐ方法が他にも沢山ありますから・・・。

 

・雑にまとめ

1.とりあえずフルカスタマイズしたバティー一台あれば大体いける

2.とにかく出来る所はウイリーで走る

3.難しいトライアルはスルー

 

・あとがき

タイムトライアルは割に合わない稼ぎですが、ロスサントスの様々なジョブで培ったドライビングスキルを、稼ぎ云々関係無しに見直す絶好のステージだと私は思います。また、タイムトライアルを一通りやっていると、自然とロスサントスの道が覚えられるかもしれませんよ。ソロプレイヤーである私にとっては、ビジネスマラソンの合間に獲得出来るちょっとしたボーナスは嬉しいものです。

長々と読み辛い内容だったかもしれませんが、これからタイムトライアルを始めたい方や、なかなかトライアルをクリア出来ない方の力に少しでもなれたら幸いです。

読んでいただきありがとうございました!

f:id:nomonoblog:20180729060557j:image

 

 

 

〜私の主観で勝手に分けたあまりあてにならない難易度別タイムトライアル〜

 

・比較的簡単

ルート68、カラフィアウェイ(ブレイザーアクアがあればさらに簡単)、排水路、アップアンドアトム、メイズバンクアリーナ、コーストトゥコースト、カジノ

・普通

ロスサントス国際空港(高台スタート)、発電所、ラトンキャニオン、デルペロ波止場、グレートオーシャン高速道路(高台スタート)、エンドトゥエンド、サイプレスフラット

・難しい

バインウッドボウル、観測所、フォートザンクード、製材所、トングババレー

・歯応え抜群

ゴルド山、チリアド山登り

・やりたくない

チリアド山下り

あくまでも私の主観ですので個人差があります。ご了承くださいませ・・・。

 

 

〜タイムトライアルアーカイブ

私のユーチューブチャンネル内の再生リストです。ちょっと古めです⬇︎

https://www.youtube.com/playlist?list=PLsu2ZLnBPlrkkIDzCyomQYbn0Qk8lwWLB

 

 

 

※この記事を書いてて初めて大きい文字サイズや太文字の設定を知りました(照)